サーブ上達法

サーブの打ち方

まず、サーブはテニスのショットの中でも特別なもの。
何が特別かと言うと、

  • テニスで獲得できる全てのポイント(点)はサーブから開始されること
  • 唯一、相手の影響なく打てること
  • 唯一、走らずに打てること

つまり、サーブが上達により、相手に関係なく素晴らしいサーブが打てるようになります。

サーブで勝つ確率が上がる!

テニス サーブ イラスト

他のショットは、いくら上達しても相手の打球がすごかったら、ショットは打てません。

しかし、サーブは違います。
だから、サーブが強い人がテニスの試合に勝つ確率が格段に上がるのです。

しかし、ほとんどのテニス初心者の方にとって、サーブも非常に難しいショットの1つ。
それはスマッシュと同じく、「自分の上の物体を道具を使って打つ」ような動作は日常生活でほとんどないから。

例えば、ボレーはテーブルの上のコップを横に移動させる動作に。
ストロークは自分の横の机に置いたすいかを、前に投げる動作に似ています。

スマッシュやサーブは、似た動作がないのです。

だから、初心者の方にとって最も優れた練習法は、素振り
その動作を体に慣れさせることが大切なのですね。

サーブの素振り練習機もあります!!

【テニス 練習器具】サーブ練習機

価格:1,296円
(2016/8/16 14:16時点)
感想(100件)

自分に最適なサーブのフォームとは

サーブは、最初から最後まで自分で打てるショットですが、このような場合『自分の型』を作ることが重要です。

型の安定で、打球も安定します。

つまり、ミス・・・ダブルフォルトが少なくなるということ。

しかし、自分の型と言われても困りますよね。

サーブのような「自分次第」のショットは、基本的に『自分が打ちやすいフォームで打つのが正解』なのです。

だって、自分が打ちやすい方がやりやすいでしょう!

そこから、もっとパワフルにするには?とか、もっと曲がるサーブを!とか、コントロールを・・・など、希望に応じて修正していくのです。

打ちやすいと評判のラケットはこちら!!

サーブ上達には、練習が必要!

テニス サーブ 練習 イラスト

あと、練習量の問題も。

おそらく、ほとんどの方がサーブの練習時間って少ないですよね。

ストロークなどはラリーも含めて結構練習しているものなのですが、サーブってかなり少ない方がほとんどです。

ましてや、トスの練習となると、していない方もたくさんです。

自分の型を見つけるのは良いのですが、その型を定着安定させるのは練習量です。

できれば、素振りも含めて、サーブの練習量をもっともっと増やしましょう。

【テニス 練習器具】サーブ練習機

価格:1,296円
(2016/8/16 14:16時点)
感想(100件)

テニス初心者のサーブ最速上達法!

サーブのような全て自分次第のショットは、自分の打ちやすいフォームを見つけることと、そのフォームを安定させることが大切です。
そのためには、動きを体に慣れさせることと、練習量の増加が必要です。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のサーブ上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のサーブ上達法について、こまかく解説していきます。
下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。

また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。
特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. サーブ上達法

    サーブは1番簡単?

  2. サーブの基本

    持ち方と打ち方の関係とは。

  3. 構え方と握り方

    持ち方と打ち方の関係2

  4. トスの上げ方

    トスを上げる場所が細かすぎる?

  1. 打ち方

    実際に打つときの最大の難関とは

  2. フラットサーブ

    フラットはスピードサーブではない!

  3. スライスサーブ

    スライスはそんなに曲がらなくても良い?

  4. スピンサーブ

    振り遅れたスライス?

サーブ上達法、目次へ