テニス サーブ『新しい基本の打ち方』

テニス サーブ『新しい基本の打ち方』え?打ちやすいように打つのがコツ!!?

サーブはテニスでも“特別なショット”
なぜなら…

  • テニスは必ずサーブからスタートできる
  • 唯一、相手の影響なく打てる
  • 唯一、走らずに打てる

つまりサーブは、100%自分次第のショットなのです!

サーブが上手い人はテニスが強い!?

テニス サーブ『新しい基本の打ち方』え?打ちやすいように打つのがコツ!!?

サーブは自分次第のショット!
だから“サーブが上手い人”は試合での勝率が格段に上がります。

でも…
テニスの初心者にとって、サーブは凄く難しい!
その理由は、サーブの動作が日常生活にないためなのです。

サーブ上達に最適な練習法とは・・・

例えば『ボレー』
ボレーはこんな動作に似ています!

テニス サーブ『新しい基本の打ち方』え?打ちやすいように打つのがコツ!!?

テーブルの上のコップを横に移動させる動作ですね!
こんな動作って、日常生活でも意外によくありますよね。

次に『ストローク』
ストロークはこんな動作に似ています!

テニス サーブ『新しい基本の打ち方』え?打ちやすいように打つのがコツ!!?

自分の横の机に置いたボールを、前に投げる動作ですね。
少し重いものを両手で投げたり大きく移動させる動作、これもありますよね。

でも!!
スマッシュやサーブには日常生活で似た動作がないんですよね。

唯一、似ているのはバレーボールくらいでしょうか。
バレーボール経験者は、意外とスグにサーブが上達したりします(笑)

さて、そんな“サーブ”
まずは、サーブの動作を体に慣れさせることが大切です。

最適なサーブ練習法は、素振りです!

サーブは打ちやすいように打つと◎

サーブのコツ

サーブのように「自分次第」なショットは、
基本的に『自分が打ちやすいように打つ!』
これが正解。

だって、その方がサーブしやすいですよね?

サーブのしやすさは、安定につながります。
もちろんダブルフォルトも少なくなりますよ!


※ラケットが6,000円以下なサイトはここ

打ちやすいように打てたらステップアップしよう!

サーブのコツは打ちやすいように打つこと!?

サーブの練習時間、意外に少なくないですか?
さらに、トスの練習時間なんて、もっともっと少ないはず。

上達のためには練習時間が必要です。

打ちやすい打ち方をベースに、もっとスピードを!
そしてもっとコントロールを!もっと回転を!

テニス初心者のストローク最速上達法!
サーブは、打ちやすい打ち方をベースに、少し打点を変えてみたり、少し力を入れてみたり。
もちろん、気持ちいい打ち方がベストです。

サーブもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ