サーブの基本

サーブ テニス フリー素材

サーブにも、持ち方と打ち方、つまりグリップとフォームには密接な関係があります。

正しいグリップとフォームの選択をしないと、上達しないばかりかケガをする可能性が高くなります。

また、変なフォームが癖になり、修正しても上達しなくなることも。
だから、初心者の内に、正しい持ち方と打ち方の関係を覚えましょう。

サーブ×ラケットの持ち方

まず、持ち方(グリップ)には3種類あります。

  • ウェスタングリップ:ラケットを地面に置き、上から握る持ち方
  • イースタングリップ:ウェスタンからグリップを少し右(右利き)へ回した持ち方
  • コンチネンタルグリップ:ラケットのフレームを包丁の刃に見立て、包丁を持つような持ち方

テニス 持ち方 イラスト

つまり、ラケットを体の前で構えたときに、ラケットの面が相手方向を向くならばウェスタン、 逆に、面が横を向くならコンチネンタル、ウェスタンとコンチネンタルの間がイースタンとなります。

まずは、このグリップ3種類を正確に覚えましょう。

最終的には、全てのサーブをコンチネンタルで打てるようになった方が良いのですが、グリップとフォームの関係を覚えることは今後の上達に 大いに役立ちますので、面倒でも覚えておいてください。

テニスの腱鞘炎を防ぐ!手首サポーターはこちら

ラケットの持ち方と打ち方の関係

さて、ラケットの持ち方が違えば、もちろん打ち方も違います。
それぞれ解説していきますね。

ウェスタングリップ

ラケット面が最初から相手方向を向いていますので、この面の向きを変えずに打つことが大切。
となると、体の向きも狙っている方向に向かって正面向きでの構え。

そして、まっすぐ上から背中までラケットを引きます。
そして、狙っている方向にまっすぐ振りだすのです。

イースタングリップ
ラケットが正面向かって若干左(右利き)を向きます。
なので、体も狙っている方向に比べて、若干斜め右(右利き)を向けて構えます。
すると、素直に振り出したときにラケットが狙っている方向を向きやすいのです。

ほんの少し体を左にひねりながらラケットを振り出していきましょう。
(でも、おそらく何も考えなくとも、自然にひねりながら打てると思います。)

コンチネンタルグリップ

ラケットが正面向かって横を向きます。
なので、体も狙っている方向に対して、横(右)に向いて構えましょう。
ラケットを振り出すときに、体も左にひねりながら、打球します。

ただ、ラケットは横向きなので、手首を使ってラケット面を正面向きにひねる必要があります。
難しいのですが、体と手首のひねりが使えますので、非常に素晴らしいサーブを打てるようになります。
この手首のひねりのことを「プロネーション(回内運動・回旋運動)」と呼びます。

手首サポーター D&M リストロック D-2 腱鞘炎サポーター


感想(47件)

いずれにしろ、構えからトスを上げ、ラケットを振り出す前に後ろから前に体重移動します。
そして、打ち終わったら、必ずラケットは左わきに来るまで振り切りましょう。

それでは、次のページで実際の打ち方について詳しくご説明します。

テニス初心者のサーブ最速上達法!

サーブのグリップとフォームの正しい関係を把握し、実践しましょう。
また、最初から無理をせず、打ちやすい方法が最もスムーズなフォームなので、それを基本としてください。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のサーブ上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のサーブ上達法について、こまかく解説していきます。
下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。

また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。
特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. サーブ上達法

    サーブは1番簡単?

  2. サーブの基本

    持ち方と打ち方の関係とは。

  3. 構え方と握り方

    持ち方と打ち方の関係2

  4. トスの上げ方

    トスを上げる場所が細かすぎる?

  1. 打ち方

    実際に打つときの最大の難関とは

  2. フラットサーブ

    フラットはスピードサーブではない!

  3. スライスサーブ

    スライスはそんなに曲がらなくても良い?

  4. スピンサーブ

    振り遅れたスライス?

サーブ上達法、目次へ