テニスサーブの持ち方は3種類あります!

テニス サーブ基本!持ち方&打ち方(動画あり)

サーブの持ち方(グリップ)には3種類。

  • ウエスタングリップ
  • イースタングリップ
  • コンチネンタルグリップ

それぞれサーブの打ち方も違います。 微妙な違いなので動画で解説しますね。

サーブの持ち方打ち方動画!

※動画内に「ウエスタングリップから少し右方向」とありますが『ラケット面を右方向へ左手で回す』という意味です!

\チャンネル登録ありがとうございます/

サーブの持ち方、写真でおさらい!

この3種類を覚えて、そこから多少ズラし、最もサーブを打ちやすい握り方を探しましょう!

ウエスタングリップの持ち方

サーブ テニス ラケット 持ち方 ウエスタン

イースタングリップの持ち方

サーブ テニス ラケット 持ち方 イースタン

コンチネンタルグリップの持ち方

サーブ テニス ラケット 持ち方 コンチネンタル

持ち方(グリップ)打ち方(フォーム)には密接な関係があります!
※詳しくは動画解説をご覧くださいね。

ここを間違うと、ケガをしたり変な癖がついたり、さらには上達が止まることもあるので要注意です。

テニス初心者のサーブ最速上達法!
サーブの握り方と打ち方を「理解」しましょう。
そこから少しずつ修正、さらに自分の打ちやすい打ち方を見つけましょう!

サーブもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ