ストロークの基本は「人によって違う」ってホント?

テニス ストローク 初心者 フォーム 動画

これまで、レッスンで聞いたりやネットで見たりしたストロークのアドバイス
例えばどんなものがありましたか?

  • テイクバックは小さく引く
  • 打点は踏み込んだ足よりも前で
  • 手首を固定して打つ などなど

簡単なものから難しいものまで、差があったと思います。その理由は…

ストローク上達法は合う合わないがある!

一言で“ストロークの基本”と言っても、そのアドバイスは様々。
アドバイスにも簡単・難しいの差があるのです。

その理由は…

テニスでは、スポーツ経験や筋肉の付き方、体の柔軟性、古傷などの影響が大きく
一人一人、体や慣れている動きが異なるためです。

テニスストローク上達 初心者

例えば、力の弱い方はラケットの重さを感じやすく 手首の固定が難しかったりしますよね。
逆に、力の強い方はテイクバックが大きくなり打点が遅れてしまったりします。

テニスストローク上達 動画 フォーム

このように、難易度は人により異なります。 だから一言で“ストロークの基本”と言っても、人によって違う基本があっても良いと思うのです。

テニス初心者は、基本 打ちやすいように打てば良いです!!

人によって“基本”の基準が違うので、その人がマスターしやすいものが、その人の基本になります。

…と言うと難しく感じてしまいますが、
要するにまずは打ちやすいように打てば良いということです!

テニス ストローク 上達 フォーム

コートに入れるとか、そんなことは関係ありません。 自分が気持ち良く打てたらそれでOK!
それが自分にとって最も素晴らしい打ち方なのです。

ただし、3つだけコツがあります。

テニス ストローク 上達 コツ

なかなか「気持ちよく打てた~!」と実感できない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 打点は前!その方が力が入れやすい
  • 力を入れすぎない
  • 上手くいかない時は握り方をわずかに調節する

この3点だけ!
気持ち良く打てるまで、何度でもやってみましょう。
意外に早くできると思います。

だって、自分の好きなように打てばいいだけですもんね!

テニス初心者のストローク最速上達法!
ストロークは、とにかく、自分の好きなように打てば良いのです。
それで、打った時の感触が気持ち良ければ、それがあなたの基本です。

ほら、これでもう基本をマスターできました。

ストロークもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ