ストローク上達法

テニス ストローク 打ち方

ストロークは、特に初心者の方は最も多く打つショットですよね。

そのストロークがつながるようになると、テニスが本当に楽しくなります。
もちろん、1日や2日でできるようになるわけではありませんが、意外に早く上達できる方法があるのです。

しかし、この方法は、従来のテニススクールなどで教えている方法ではありません。

なかなか、意外性のある方法ですが非常識ではありますので、楽しみながら試してみて下さい。

意外なストローク上達法

通常、テニススクールなどで指導している方法は、フォームから入ります。

  • キレイな正しいフォームを身につける
  • そのフォームでコートに入れる練習をする
  • 動き方やフットワークを身につける
  • 動きながら打つ練習をする
  • 動きながらコートに入れる練習をする

ここまでして初めて少しずつラリーが続くようになります。
しかし、当サイトでご紹介する方法は、

  • 自分のやりやすい打ち方で打つ
  • 動いて打つ練習をする
  • 動いて打ってコートに入れる

このように、キレイなフォームや動き方などはあまり考えません。

その代わりに、もともと自分の打ちやすいように打つことが前提なので、上達が非常に速いのです。
気持ち良く打って、最後にコートに入れるようにするという順番です。

キレイなフォームからコツコツと練習するのも素晴らしいことですが、テニスの楽しさを少しでも早く感じて頂ければと思います。

テニス初心者のストローク上達法は、コートに入れないこと?

テニスラケットのイラスト

テニス初心者の方がまず取り組むべきは、自分の最も気持ち良い打ち方を見つけることです。
コートの中に入らなくても全く問題ありません。

とにかく気持ちいい!が優先です。
ちなみに、気持ち良さを優先するのには、実はちゃんとした理由があります。

  • コートに入れようとすると、筋肉が緊張してうまく振れない
  • すると手先で調節してコートに入れようと思ってしまう
  • 一応そのときだけはコートに入るが、結局全然上達しない

という流れになってしまう方も結構います。

だから、とにかく気持ち良さを優先してください。
ネットにかかろうが、大きくアウトしようが関係ありません。

「テニス初心者なんだからいいじゃん!」くらいの強気でやってしまいましょう。

また、お友達同士で今日はコートに入れない日!などとお話をして練習するのも良いですね。

テニス初心者のストローク最速上達法!

ストロークは、コートに入れるよりも気持ち良さが優先です。
とにかく、自分の気持ちいい打ち方を探しましょう。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のストローク上達法 目次

ストロークは、実は、非常に簡単に打てるようになります。

しかし、基本ができていないと、ものすごく練習して初めて少し打てるようになるくらい、上達が遅くなります。

とにかく、下記左メニューを何度も読み返してみてくださいね。

  1. ストローク上達法の新常識

    コートに入らないように打つ?

  2. ストロークの基本

    それは、好きに打つこと・・・

  3. ストロークは上に打て

    上ってアウトしてしまう・・・

  4. 上に打ったら、次は遠くに打て

    気持ち良く打ってしまいましょう。

  5. 遠くに打ったら、適当に打て

    やる気がなさそうに適当に。

  1. スピン回転

    大切なのは気持ち良さ!

  2. スライス回転

    少しだけゆっくりと・・・

  3. コントロール

    あれこれ気を付けるなんてムリ

  4. スピードボールの打ち方

    えっ!力を入れてないのに!!

ストローク上達法、目次へ