ストローク スピードボールの打ち方!!

ストローク スピードボールの打ち方!!コツは『風切り音を聞くこと!?』

ストロークでのスピードボール!
相手が触ることもできずに決まったりすると、もう最高ですよ(笑)

しかし、強打して、しかもちゃんとコントロールして、さらに確率良く決めるのは、なかなかの難題ですよね。

まずは、スピードボールとなる要因を知ろう!

そもそも、ボールにスピードが出るのはなぜでしょうか?

強く振るから?

思いっきり体をひねるから

速く振るから

…ではありません。

ストローク スピードボールの打ち方!!コツは『風切り音を聞くこと!?』

ヒントはこの写真。 ボールを打っているのは、ラケットの結構先っぽのあたりだと分かります。

ラケット面の中心と先端とで比較すると、先端の方がスイングスピードが速くなります。
ラケットヘッドのスイングスピードが速いとスピードボールとなるため、この写真では先っぽあたりでボールを当てているのです。

つまり、スピードボールを打つには、ヘッドスピードを上げることが必要です。

ストローク スピードボールを打つコツ

実は、素振りで練習できます!

素振りで「ビュッ」言うと風切り音。この音が高いほどヘッドスピードは速いのです。
だから、素振りを繰り返し、高い音の出し方を探ってみると良いでしょう!

一応、コツを書いておきますね。

  • リラックスから、インパクト(打球の瞬間)でラケットをキュッと握る
  • スイングは、コンパクトに、腕じゃなく上体のひねりから

補足、注意!!

ストローク スピードボールの打ち方!!コツは『風切り音を聞くこと!?』

スピードボール、慣れてくると欲が出てきます。(笑)
もっといい球を打ちたい!って感じで…。
すると力が入り始めて、怪我につながることが多いので要注意。

リラックス状態でひねりから始めて、インパクトでキュッとラケットを握る。そしてまたリラックス! これを忘れないようにしてください!

テニス初心者のストロークスピードボール、即マスター法

テニス初心者のストローク最速上達法!
ストロークのスピードボールは、力ではなく、スイングスピードで打つ!

だまされたと思ってやってみてくださいね!

ストロークもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ