ストローク 強打の方法

テニス ストローク スピードボール 打ち方

ストロークでの強打!かっこいいですよね!

しかもそれで相手が触ることもできずに決まったりすると、もう最高です。
しかし、もちろん強打して、しかもちゃんとコントロールして、さらに確率良く決めるとなると、なかなかに難題です。

この全てを一挙に解決!なんていう方法があれば良いのですが、そうなかなかうまくはいきません。

しかし、強打が簡単にできて、コントロールも確率も良くなりやすい方法ならばあります。

でも、その前に、強打とはなぜ強打になるのでしょうか?

  • 強く振るから
  • 思いっきり体をひねるから
  • 速く振るから

全て近いけど違います。
そもそも、テニスではボールを何で打ちますか?

もちろんラケットですよね。

では、ラケットのどこでボールを打っていますか?

もちろんガット(ストリングス)ですよね。

では最後に、ガットはラケットのどのあたりにありますか?

そう考えると、ボールを打っているのは、ラケットの結構先っぽのあたりだと分かります。

つまり、ラケットヘッドのスイングスピードが速いと強打となるのです。
だから、強打を打つには、ヘッドスピードを上げることが必要です。

ストローク 強打のコツ

さて、強打するにはラケットのヘッドスピードを上げることが必要だとご説明しました。

では、どうするとそれができるのか?です。
実は、これは、素振りで練習できてしまいます。

素振りしたときに、ある程度速くスイングすると「ビュッ」と風切り音がします。
この音が高い音になればなるほどヘッドスピードは速いのです。

だから、自分で素振りを繰り返しながら、高い音が出る方法を試してみてください。
一応、コツを書いておきますね。

  • とにかく、体はリラックス・脱力しておく
  • スイングは、力を入れて始めるのではなく、上体のひねりから始める
  • 大きく振るとヘッドスピードが落ちるのでコンパクトに振る
  • インパクト(打球の瞬間)でラケットをキュッと握る

これらを気にしながら素振りをしてみてください。

【テニス 練習器具】世界で初めてポケットに入る待望のサーブ練習機「サーブアップ」

価格:1,296円
(2016/8/22 13:45時点)
感想(100件)

気を付けること

しかし、あまりにスピードを気にするあまり、気持ちの良いスイングでなくなっている場合があります。

ストロークではどんな場合でも、最優先は気持ち良さです。
なかなか気持ち良さとスイングスピードが両立しない場合には、筋トレが必要な場合もあります。

この場合無理をするとケガの原因になりますので、無理は決してしないようにお願いします。

上記項目を補足しますが、上体のひねりについてです。
右利きのフォアハンドの場合、まずテイクバックで上体を右にひねってください。

振りり始めるには、右にひねった状態から、こんどは左にひねり始めるのです。

左にひねると、右手が出てきますので、そのままスイングということです。

また、コンパクトに振る程度、ラケットを握る力の程度は、いろいろ試してみて最も気持ち良い状態がベストです。

ここまで出来たら実際にテニスをするのですが、コートを前にするとついつい力が入り過ぎてしまいます。

まず、リラックスして徐々に行ってみてくださいね。

テニス初心者のストローク最速上達法!

ストロークの強打は、リラックスから始まります。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のストローク上達法 目次

ストロークは、実は、非常に簡単に打てるようになります。

しかし、基本ができていないと、ものすごく練習して初めて少し打てるようになるくらい、上達が遅くなります。

とにかく、下記左メニューを何度も読み返してみてくださいね。

  1. ストローク上達法の新常識

    コートに入らないように打つ?

  2. ストロークの基本

    それは、好きに打つこと・・・

  3. ストロークは上に打て

    上ってアウトしてしまう・・・

  4. 上に打ったら、次は遠くに打て

    気持ち良く打ってしまいましょう。

  5. 遠くに打ったら、適当に打て

    やる気がなさそうに適当に。

  1. スピン回転

    大切なのは気持ち良さ!

  2. スライス回転

    少しだけゆっくりと・・・

  3. コントロール

    あれこれ気を付けるなんてムリ

  4. スピードボールの打ち方

    えっ!力を入れてないのに!!

ストローク上達法、目次へ