ストロークは上に打て

テニス ストローク 打ち方

はい、文字通り上に打つのです。
上に打つには、単純に上に振らなければいけません。

そうです。まさに上に向かってラケットを振るのです。

もう少し具体的に説明すると、打ち終わったときにラケットが耳に来るようにします。
右利きのフォアハンドストロークだと、打ち終わったときに右手の甲が左耳に来る感じです。

手のひらではいけません。手の甲が耳に当たる感じです。

また、フォアハンドの場合には左手もラケットのグリップに添えましょう。
バックハンドも右と左を逆にしただけで、内容は同じです。

上に打てるようになったら…

これで、気持ち良く打てなくなった場合は、次の2つを注意してみてください。

  • 打点が後ろ過ぎる。ラケットだけ前に出すように打つ。
  • スイングが小さくなっている。ゆったりと大きく振りましょう。

ちなみに、大きく振るのは、テイクバック(バックスイング)ではなく、前方向に大きく振るようにします。
でないと、振り遅れて、全然気持ち良くないですからね。

このように、まず前方向へ、そして上方向へとラケットを振り上げていきましょう。

上へのストロークで、打球がやたらと上に行く場合

これは簡単です。
いっそのこと、ラケットの握り方を変えましょう。

素振りをして、打点(ラケットとボールが当たるところ)で止めます。
その場所でラケット面がまっすぐ前を向くように握り直して練習再開です。

ただし、打点は体よりも前、踏み込み足よりももう少し前ですので、この打点は間違えないように気を付けてください。

また、かすれ当たりが多くなった場合には、ラケットをスグに振り上げすぎなので、まずは前へ振ります。
そして、上に上げるようにすると良いでしょう。

そもそも、肩は体の上の方にあります。

また、腕やラケットは肩中心に回っています。
だから、自然にスイングすれば、上に振り上げることになるはずなのです。

つまり、上に振るのは、自然な動きなのです。

テニス初心者のストローク最速上達法!

ストロークは、まずは前に、そして上に振りましょう。
また、打球がやたらと上に行く場合には、スイングを修正するのではなく、握り方を変えましょう。

【ジャストグリップ】(矯正グリップ)

価格:1,350円
(2016/8/22 13:34時点)
感想(3件)


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のストローク上達法 目次

ストロークは、実は、非常に簡単に打てるようになります。

しかし、基本ができていないと、ものすごく練習して初めて少し打てるようになるくらい、上達が遅くなります。

とにかく、下記左メニューを何度も読み返してみてくださいね。

  1. ストローク上達法の新常識

    コートに入らないように打つ?

  2. ストロークの基本

    それは、好きに打つこと・・・

  3. ストロークは上に打て

    上ってアウトしてしまう・・・

  4. 上に打ったら、次は遠くに打て

    気持ち良く打ってしまいましょう。

  5. 遠くに打ったら、適当に打て

    やる気がなさそうに適当に。

  1. スピン回転

    大切なのは気持ち良さ!

  2. スライス回転

    少しだけゆっくりと・・・

  3. コントロール

    あれこれ気を付けるなんてムリ

  4. スピードボールの打ち方

    えっ!力を入れてないのに!!

ストローク上達法、目次へ