ボレーの基本

テニス ボレー 基本

ボレー即効上達法のページでもご説明しましたが、ボレーは非常に簡単に上達することができます。

その理由とは・・・

  • ボレーはほとんど力を入れる必要がない
  • ネットに近いので、ネットにボールがかかりにくい
  • 相手が近いので、相手にとって非常に対応が忙しく、ポイントになりやすい
  • ラケットの打球面をボールに合わせればよいだけなので、振る必要がない
  • あまり動かなくても良いので、目線がぶれにくくボールを捕らえやすい
  • ネット近くでは足元にはあまりボールが来ないので、下に打てばアウトも少ない

では、具体的に練習するときの注意点や基本とはいったいどういったものなのでしょうか。

先に答えを言ってしまうと、それは、『打たないこと』なのです。
いったいどういうことでしょうか?

初心者が覚えるべきボレーの基本技術とは

テニス初心者の方がまず覚えるべきなのは、ボレーの感覚です。

つまり、『体のどこにどう力を入れると、どんなボレーが打てるのか?』と言う点です。

それを覚えるためにまずは、頭の中のボレーに対する認識を変えてください。

  • ボレーでは、ボールを打つ ⇒ ボールの進む向きを変えてあげるだけ。
  • ボレーは決めに行く ⇒ 別に決まらなくてもなんてことはない。
  • 基本的に忙しい ⇒ スイングしなくても良いので余裕がある
  • 機敏に動かないといけない ⇒ あまり動かないもの
  • 手だけでボレーしてはいけない ⇒ そんなことは上級者になってからやればよい

つまり、ボレーは動かなくても良いし決まらなくても良い。
打つのではなく、ボールの進む向きを変えてあげるだけだから、テイクバックも全くいらないし振る必要もない。

だから、ただラケット面の向きだけセットしてボールに合わせてあげれば、それでOKです。
ただそれだけなので、手首とラケットを固定するボレー練習グッズも存在しています!

そう思うと、なんだか簡単そうではないですか?

では、より具体的に。

ボレーってどんな感じ?

手の感覚としては、打つのではなくキャッチする感覚です。
手のひらでボールをキャッチする。

試しに、本当にキャッチボールやってみてください。
ちなみに、キャッチするのは、軽く、弱く、やさしくキャッチしてあげましょう

より感覚的に言うと、『ボールをキャッチしに行く』のではなく、 『手のひらを柔らかくセットしてボールが来るのを待っている』感覚です。

そして、ボールが来たら、やさしくキャッチしてあげましょう。

テニス初心者のボレー最速上達法!

まずはボレーの感覚を身につけよう。

打つのではなく、キャッチしてあげる。
それも、やさしく柔らかくキャッチしてあげてくださいね。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のボレー上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のボレー上達法について、こまかく解説していきます。

下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。
また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。

特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. ボレー上達法

    超さぼって打つショット

  2. ボレーの基本

    打っちゃイヤ・・・

  3. ラケットの握り方

    ラケットは手のひらだ!

  4. キャッチボール

    テニスなのにキャッチボール?

  1. ボレーの打ち方

    イメージと現実は違う!

  2. コントロール

    ポイントは大胸筋?

  3. スピードボールの打ち方

    パンチ、パンチ

  4. スマッシュ上達法

    やってしまえ!!

ボレー上達法、目次へ