テニス ボレーの練習はキャッチボールが定番!

テニス ボレーの練習法『キャッチボールで気を付けたい3つのポイント!』

さて、ボレー上達法ボレーの基本テニスラケットの持ち方 でも解説していますが、ボレー即上達にはとにかく手のひら感覚をつかむこと。
つまり、ボールを打つのではなく、キャッチする感覚ですね。
そのためには本当にキャッチボールをしましょう。 気を付ける事は3つです!

ボレーのキャッチボール練習法

一番良いのは、同じくボレーが苦手なお友達とするのが良いかもしれません。
やり方は、映像で見ると分かりやすいですよ!

\チャンネル登録ありがとうございます/

さて、ポイントはこの3つ!
もちろんテニスボールで行いましょう。

  • 最初は2mくらいから徐々に離れて、最高でも4~5mくらい。
  • ボールを投げるときには、相手の体の横にゆっくりと投げる。
  • ノーバウンドでキャッチする

調べてたら、こんなのありました(笑)

テニスはキャッチボールでうまくなる! [ 神谷勝則 ]

ボレー上達のキャッチボール方法、おさらい

手はとにかくリラックス

テニス ボレーの練習法『キャッチボールで気を付けたい3つのポイント!』

手を前に出してキャッチするのではなく、ボールが来るのを待っている感覚が大事

↓↓これ、NG!↓↓
テニス ボレーの練習法『キャッチボールで気を付けたい3つのポイント!』

↓↓これがGood!↓↓
テニス ボレーの練習法『キャッチボールで気を付けたい3つのポイント!』

体の横で、指はできるだけ上向きでキャッチすることもポイント!
余裕があれば、手のひらと顔が同じくらいの高さになるのがベストですね。

慣れてきたら、ラケットを持ちます。
「投げる人」「打つ人」に分かれて交代して練習しましょう!

最終的には、2人ともラケットでボレーの繰り返しができるようになればもう十分ですね。
※このボレーでのキャッチボールを『ボレーボレー』と言います!

テニス初心者のボレー最速上達法!
ボールをキャッチする感覚は本当にキャッチボールで練習。
最終的には2人ともラケットでボレーにてキャッチボール(ボレーボレー)ができると完璧!

ページの先頭へ