ボレーでコントロールできない原因は?

テニス初心者が『ボレーでコントロールできない原因』は面の向き!?

ボレーのコントロールは、ラケットの面の向きが全て! 打ちたい方向に向けるだけなんです。
そのラケットの向きが保てれば、絶対狙った方向にボールは飛んでいきます。

でも、実際にはそんなにうまくいきませんよね。

ボレーをコントロールできない原因4つ

ボレーのコントロールが難しい原因は、ラケット面の向きが保たれていないこと。
そのラケットの向きが保てれば、絶対狙った方向にボールは飛んでいきます。

では、どうして面の向きが保たれないのか。
この動画では実例で解説しています!

\チャンネル登録ありがとうございます/

つまり、こういうこと。

  • 振り過ぎて、スイング途中で面の向きが変化してしまっている
  • 現実には狙った方向にラケットが向いてない
  • 面の向きをセットするのが遅い
  • ラケットの重みで、面の向きが変わってしまっている

じゃあ、ボレーをコントロールするには?

先ほどの原因4つに共通して言えるのは、面の向きが変わってしまっているという部分。
この裏を返すと、面の向きを固定すればもっとコントロールが上達するということになります!

ということは…
どうすれば面の向きを固定できるのか。
これがポイントですね!

ということで!ぜひこの方法を試してみましょう。

  • まず、構えた状態から少しだけ横向き(斜め向き?)になる
  • ボールが来そうな場所にラケットをセットし面の向きを固定する
  • セットしたまま、大胸筋に力を少しだけ入れて打つ

最後の「大胸筋」が分かりにくいですよね(笑)

テニス初心者が『ボレーでコントロールできない原因』は面の向き!?
出典:ダイエットなら美wise!よりお借りしました

言葉にして分かりやすく伝えようと思うと難しいのですが、簡単に言うと両腕の肘の小指側をくっつける感覚。 両手の脇を同時に閉める感じです。

左手を胸に当てて打つと、胸の筋肉がピクッと動くのが分かると思います。 そのピクッと動いたのが大胸筋です。

ボレーは腕ではなくこの大胸筋を使って打つと、面が固定されやすくなりますよ!

練習グッズでも面の固定ができます
ヨネックス スマートセンサー
ボレー練習グッズ!ボレーマスター

テニス初心者のボレー最速上達法!
ボレーのコントロールをマスターするには、ラケット面の向きが固定される力の入れ方を見つけることが大切です。
そのためには、大胸筋を意識して練習してみましょう。

ページの先頭へ