ボレーのコントロール

テニス ボレー コントロール

ボレーのコントロールは、ラケットの面の向きが全てです。

つまり、右に打ちたければ右に向けることですね。
これは、ものすごく簡単です。

実際にやってみて頂ければ分かりますが、あっという間にできます。

1、まず、ラケットを狙っている方向に向けます。
2、そして、すぐ近くからラケットの面に向けてボールを投げてもらいます。
3、そのラケットの向きを保ったまま、当てます。

絶対、狙った方向にボールは飛んでいきます。
簡単でしょう!

でも、実際にはそんなにうまくいきませんよね。

どうして上手くいかない?

この答えが分かれば、すぐにボレーのコントロールをマスターすることができます。

その答えとは、もうお分かりお方もたくさんいると思いますが、ラケット面の向きが保たれていないからなのです。

その原因はいくつかありますが、ほとんどの場合下記に当てはまります。

  • 振り過ぎて、スイング途中で面の向きが変化している
  • 面の向きにもイメージと現実との差があり、思った方向にラケットが向いてない
  • 面の向きをセットするのが遅く、結局最初から向きをセットできていない
  • ラケットの重みで、ラケットヘッドが遅れてしまい、面の向きが変わる

ボレーのコントロールを身につけよう

面の向きが正しくその向きが固定されていれば、必ず打球は狙った方向へ飛んでいきます。

要は、どうしたら面の向きを固定できるのかがポイントですね。
手首とラケットを固定するボレー練習グッズはこちら

さて、下記の方法を試してみてください。

  • まず、構えた状態から少しだけ横向き(斜め向き?)になる
  • ボールが飛んで来そうな場所にラケットをセットし面の向きを固定する
  • セットしたまま、大胸筋に力を少しだけ入れて打つ

この最後の大胸筋が分かりにくいと思います。

違う言い方をすると、両腕の肘の小指側をくっつける感覚、肘の小指側を脇腹にくっつける感覚などとご説明することが多いですね。

正しいかどうか確認するためには、例えば左手の手のひらを右胸に当て、右腕をいろいろ動かしてみてください。

胸の筋肉がピクッと動くのが左手で分かると思います。
そのピクッと動いたのが大胸筋です。

ボレーで打球時には、この力の入れ方を少しだけ意識して打ってみてください。
すると、面が固定され、コントロールも良くなります。

テニス初心者のボレー最速上達法!

ボレーのコントロールをマスターするには、ラケット面の向きが固定される力の入れ方を見つけることが大切です。

そのためには、大胸筋を意識して練習してみましょう。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のボレー上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のボレー上達法について、こまかく解説していきます。

下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。
また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。

特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. ボレー上達法

    超さぼって打つショット

  2. ボレーの基本

    打っちゃイヤ・・・

  3. ラケットの握り方

    ラケットは手のひらだ!

  4. キャッチボール

    テニスなのにキャッチボール?

  1. ボレーの打ち方

    イメージと現実は違う!

  2. コントロール

    ポイントは大胸筋?

  3. スピードボールの打ち方

    パンチ、パンチ

  4. スマッシュ上達法

    やってしまえ!!

ボレー上達法、目次へ