ボレーのグリップの持ち方

テニス ボレー 持ち方

ボレーの基本のページでもご説明しましたが、ボレーでは『打つ』のではなく『キャッチする』感覚が重要です。

この感覚さえつかめれば、もうほとんどマスターしたも同様なのです。
逆にこの感覚をつかめないままでいると、どんなに練習しても納得がいかないことでしょう。

中級から中上級の方でも、マスターできていない方は意外に多いものなのです。

では、その感覚をつかむにはどうしたらよいでしょうか。

早い話が、テニスラケットを手のひら感覚で使えれば良いのですが、そのためにはまず、ラケットのグリップ・持ち方が重要です。

ボレーの持ち方、種類

大きく分けると、初心者の方のボレー時のグリップは2種類に分かれます。

ウェスタングリップ

ラケットを体の前で構えたときに、ラケット面が相手正面の方を向く持ち方です。

軟式テニスの方はこのように持つことが多いです。
この持ち方のメリットは、最初からラケット面が正面を向いているので、ボールを打ちやすいのです。

また、体正面に来たボールでも非常に打ちやすいのもメリットです。
逆に、体の正面以外は打ちにくいので、足を使って機敏に動く必要があります。

つまり、常に体正面でボールを捉えなくてはいけません。
さらに、打ってしまいやすいので、手のひら感覚はつかめません。

コンチネンタルグリップ

ラケットを体の前で構えたときに、ラケット面が横を向く持ち方です。

良く包丁を持つような持ち方などと言われます。
この持ち方のメリットは、何よりも手のひら感覚をつかむことができる点です。

手のひらとラケット面が同じ向きなのでボールをキャッチする感覚でボレーをすることができます。

また、体の正面以外に来たボールは打ちやすいのがメリットですね。
デメリットは、体の正面に来たボールが打ちにくいことです。

当サイトでは、テニス初心者でもボレーのブリップは最初からコンチネンタルグリップをおススメします。

もちろん最初は違和感があるかもしれませんが、少しすると感覚がつかめてきますので大丈夫です。

テニス初心者のコンチネンタルグリップボレー

テニス初心者の方は、コンチネンタルグリップでは最初は違和感があるはずです。
しかし、そこはあえて気にせずに、次のことに気を付けてボレーしてみてください。

  • とにかく体の正面ではボレーしない
  • ラケットと目線をできるだけボールと同じ高さでボレーする
  • 肘が曲がった状態のままボレーする

この3つに気を付けてボレーしてみてくださいね。

でも、最も重要なのは、手のひら感覚です。
つまり、ボールを手のひらでキャッチする感覚ですね。

練習のときに、この3つに気を付けて、本当にボールをキャッチするとより感覚がつかめやすいかもしれません。

テニスはキャッチボールでうまくなる! [ 神谷勝則 ]

価格:918円
(2016/8/22 12:54時点)
感想(3件)

テニス初心者のボレー最速上達法!

テニス初心者の方でも、ボレーでのラケットの持ち方は最初からコンチネンタルグリップで。

コンチネンタルグリップで手のひら感覚をつかみましょう。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のボレー上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のボレー上達法について、こまかく解説していきます。

下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。
また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。

特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. ボレー上達法

    超さぼって打つショット

  2. ボレーの基本

    打っちゃイヤ・・・

  3. ラケットの握り方

    ラケットは手のひらだ!

  4. キャッチボール

    テニスなのにキャッチボール?

  1. ボレーの打ち方

    イメージと現実は違う!

  2. コントロール

    ポイントは大胸筋?

  3. スピードボールの打ち方

    パンチ、パンチ

  4. スマッシュ上達法

    やってしまえ!!

ボレー上達法、目次へ