ボレーのスイングとは

テニス ボレー ラケットの振り方

テニス初心者の方のボレー上達法では、ラケットを振らないと言ってきました。

しかし、現実に全く振らずにボレーしたら・・・

実は、全然ボールは飛んで行ってくれません。
良く飛んでも、相手コートのサービスラインを超えるようなことはめったにないのです。

しかも、スピードが遅いので、相手のチャンスボールにもなってしまう。

だから、本当はラケットを振るのです。

では、なぜ上手くいかない?

ボレーでは感覚が重要だとも解説しました。

ストロークのテイクバックもそうですが、ボレーも打つ前にラケットを結構引いてしまっている場合が圧倒的に多いのです。

つまり、意識の中では『全然ラケットを引いていないし振ってもいない』のですが、現実は『結構ラケットを引いていて打つ時も振っている』 状態なのです。

そんなときに『良く分からないけど、なぜかうまくいかない』と言った感覚になります。

そう思ったことはないですか?

さて、感覚では振ってないけど現実は振っている、でも実際には少しだけ振ってボレーする方が良い・・・

と言うことは、つまり『全然振らないように意識する』くらいでちょうど良いのです。

ボレーにおける現実とイメージの差

実際のスイングと自分のイメージに差があるとき、どんなことが起こるでしょうか。

例えば、イメージではラケットは体よりも前にあり、現実には10センチ程度後ろにあった場合、単純には打点がイメージよりも10センチ後ろになるわけです。

すると面の向きや力の入れるタイミングがほんのわずかズレてしまいますよね。
このズレが打球に大きく反映されるわけです。

イメージ通りの打点での打球と10センチ遅れた打点での打球、打った直後ではその差は1センチくらいかもしれませんが、 打球がバウンドするときには1m以上にも差が大きくなってくるのです。

だから、なぜかアウトになったり、狙ったところに行かなかったりするわけです。

イメージと現実との差は、もちろん小さい方が良いです。

差が小さいと、

  • アウトしたりネットしたときに、すぐに修正できる
  • 自分の状態が把握できるので、上達がものすごく速い
  • プロの映像などを見たときに、自分に応用しやすい

などのメリットがあります。

イメージと現実との差を小さくするには、友達にフォームを見てもらって、気になるところがどうなっているのか教えてもらったり、 ビデオがあれば、自分のフォームを撮影して見てみたりすると良いでしょう。

スイングを記録するには?YONEX スマートテニスセンサー

いずれにしても、『そんなはずはない!』という気持ちは捨てて、素直になることも大切ですね。

テニス初心者のボレー最速上達法!

ボレーもイメージと現実の差があります。
この差を認め、できるだけその差を小さくすることができると、圧倒的に早く上達することができます。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のボレー上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のボレー上達法について、こまかく解説していきます。

下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。
また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。

特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. ボレー上達法

    超さぼって打つショット

  2. ボレーの基本

    打っちゃイヤ・・・

  3. ラケットの握り方

    ラケットは手のひらだ!

  4. キャッチボール

    テニスなのにキャッチボール?

  1. ボレーの打ち方

    イメージと現実は違う!

  2. コントロール

    ポイントは大胸筋?

  3. スピードボールの打ち方

    パンチ、パンチ

  4. スマッシュ上達法

    やってしまえ!!

ボレー上達法、目次へ