ボレーの打ち方が「振らない事」って…実際どういうこと?(笑)

え、ボレーのコツは振らないこと!?(笑)テニス初心者の打ち方上達

ここまでで「ボレーの打ち方のコツは、ラケットを振らないこと」と言ってきました。

でも、本当に全く振らずにボレーしたら・・・
全然ボールは飛びませんよね。(笑)

だから、実際にはラケットを振るのですが
大切なのは、その振り方・打ち方!!
ごくわずかに振ることです。

結局、振るのか振らないのかどっち?

テニス初心者でボレーが上手く打てない方…
実は打つ前にラケットを結構引いてしまっている場合が圧倒的に多いです。

自分のイメージでは「全然ラケットを引いていないし振ってもいないつもり」なのですが
実際には『結構ラケットを引いていて打つ時も振っている』
そんな状態なんですよね。

え、ボレーのコツは振らないこと!?(笑)テニス初心者の打ち方上達

つまりは「自分の中のイメージ」と「実際の状態」との差が大きいということになりますよね!

そんな時に、人は“なぜかうまくいかない”という感覚になります。

ボレーにおける現実とイメージの差

え、ボレーのコツは振らないこと!?(笑)テニス初心者の打ち方上達

“なぜかうまくいかない”そう感じた時には、全然振らないように意識するとちょうど良いくらいになりますよ。

例えば、
イメージの中では「ちょうどいい位置で振っているつもり」でも…

現実では10センチラケットを引いてしまっている場合がありますよね。
そんな時には、打点がイメージよりも10センチ後ろになるわけです。

このわずかなズレが打球では大きいズレになるわけです。

え、ボレーのコツは振らないこと!?(笑)テニス初心者の打ち方上達

打点での1センチの差は、打球がバウンドするときには10センチにも20センチにもなります。

いつも通りのはずなのに…なぜかアウト!
これが“なぜかうまくいかない”の原因そのものです。

だから、イメージと現実の差を小さくしよう!

イメージと現実との差は、もちろん小さい方が良いです。 差が小さいと、

  • アウトしたりネットしたときに、すぐに修正できる
  • 自分の状態が把握できるので、上達がものすごく速い
  • プロの映像などを見たときに、自分に応用しやすい

え、ボレーのコツは振らないこと!?(笑)テニス初心者の打ち方上達

という事で!!
イメージと現実との差を小さくするオススメな方法があります。

それは…

「友達に見てもらうこと」
「動画で撮影してもらうこと」がオススメ!!!

一人で自主練ならコレがオススメです!!
ヨネックス スマートセンサー
ヨネックス スマートセンサー

テニス初心者のボレー最速上達法!
ボレーもイメージと現実の差があります。 できるだけその差を小さくできると、圧倒的に早く上達することができます。

ページの先頭へ