ボレー上達法

テニス ボレー 打ち方

『ボレーはテニス初心者の方にとって、最もすぐに上達しやすいショットなのです。』
と言うと、ほとんどの方が『そんなことはないよ!』と思っていることでしょう。

でも、本当に速効で上達してしまうのです。

その理由とは・・・

  • ボレーはほとんど力を入れる必要がない
  • ネットに近いので、ネットにボールがかかりにくい
  • 相手が近いので、相手にとって非常に対応が忙しく、ポイントになりやすい
  • ラケットの打球面をボールに合わせればよいだけなので、振る必要がない
  • あまり動かなくても良いので、目線がぶれにくくボールを捕らえやすい
  • ネット近くでは足元にはあまりボールが来ないので、下に打てばアウトも少ない

と、このくらいでしょうか。

ボレーは初心者だと難しい?

では、なぜ初心者の方にはテニスの中でもボレーが難しいのか、上記項目と比較してみますね。

  • 相手との距離が近いので緊張して力が入ってしまう
  • 少し怖いので、ネットから離れてしまい、ネットに打球がかかってしまう
  • 相手が近く、ボールがすぐに来てしまうので、あわててしまう
  • ついつい振ってしまう
  • ついつい動いてしまい、目線がぶれてボールを捉えにくい
  • 決めようという意識が強くなり、振ってしまった結果アウトが多くなる

おそらく、当てはまる項目がいくつかあるのではないでしょうか。

つまり、いろいろやり過ぎて失敗してしまうことが多いのがボレーなのです。

だから、『すごくさぼって打つ』くらいの感覚の方が成功する確率が高くなり、早く上達します。
上級者の方は、意識して『振らないように』しているくらいなのです。

よろしければ、次回テニスをするときに、『とにかく適当に』ボレーしてみてください。
とにかく、すぐにネット際まで動き、あとは適当にやるのです。

もしかすると、2~3球くらいボレーすれば、感覚が掴めてしまうかもしれませんよ。

テニス初心者のボレー最速上達法!

ボレーを打とうとするときに、顔をラケットに近付けましょう。

ボールとラケットと目線の高さを揃える感じです。
そして、顔とラケットが近いままボレーしてください。

でも、あまりに近付け過ぎると、うまく打てなかったときにボールが顔面を直撃してしまいますので、気を付けましょう。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のボレー上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のボレー上達法について、こまかく解説していきます。

下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。
また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。

特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

それでは、左の1番から・・・あ、左の1番はこのページですので、2番からどうぞ。

  1. ボレー上達法

    超さぼって打つショット

  2. ボレーの基本

    打っちゃイヤ・・・

  3. ラケットの握り方

    ラケットは手のひらだ!

  4. キャッチボール

    テニスなのにキャッチボール?

  1. ボレーの打ち方

    イメージと現実は違う!

  2. コントロール

    ポイントは大胸筋?

  3. スピードボールの打ち方

    パンチ、パンチ

  4. スマッシュ上達法

    やってしまえ!!

ボレー上達法、目次へ