フラットサーブが打てない。

フラットサーブが打てない。コツは力を入れずに当てること!

フラットサーブは、一般的にはパワフルにドーンと打ちこむスピードショット
ノータッチエースだったりすると、『フッフッフ』とニヤケてしまいます。

でも、実はフラットサーブとは、スピードのあるパワフルなサーブのことではありません。

フラットサーブとは?

フラットサーブとは、横回転の極めて少ないサーブのことです。
横回転が少ないために、スピードが速いサーブとなるというわけです。

テニス フラットサーブ 練習法

つまり、「早いサーブ」ではなく『回転量の少ないサーブ』という考え方。
これが非常に重要なんです!

早いサーブを打とうと思うと、スイングスピードを速く!という意識になってしまいます。
すると、結果 力が入りフォームが崩れます。

逆に回転量の少ないサーブを!!と意識すれば、ボールへの当て方に集中することができます。
こうすることで、球速も確率も上がります。

「フラットサーブの打ち方」具体的には?

フラットサーブは非常に単純です。
ボールにラケットをまともに当てれば良いのです。
そのためには・・・

…さて、お気づきの方も多いはず!
このサイトでここまで解説してきたサーブの打ち方は、フラットサーブのことだったんですね!

「フラットサーブの打ち方」具体的には?

このページを最初にご覧になった方は、サーブ上達法から再度ご覧ください。

フラットサーブ、練習のコツは?

プロネーションと同じく、フラットサーブの練習はラケットなしでゆーっくりと素振りします。

ラケットとボールが当たるくらいのところで、手のひらがまっすぐ前に向くことがポイント!
こうすると、実際に打つ時には、まともにラケットとボールが当たります。

テニス フラットサーブ フォーム

打つ瞬間に、体の向き、ラケットの向き、スイングの方向、全てが狙っている方向になれば最高です!

テニス初心者のサーブ最速上達法!
フラットサーブは、ただ、横回転が少ないサーブのことです。
スピードを!と変に力を入れるのではなく、十分にリラックスしてサーブしましょう。

サーブもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ