テニス サーブ…プロネーションができない。

テニス サーブ『プロネーションできないときは?』コツは親指です

サーブ最大の難関といえば“プロネーション”
回内とも言いますね。
これは、コンチネンタルグリップの握り方とセットです! (解説:ラケットの持ち方

コンチネンタルグリップでのサーブには必ず必要な技術ですよ。

プロネーションとは?

この動画だと分かりやすいかと思います!

\チャンネル登録ありがとうございます/

コンチネンタルグリップでそのままラケットを振ると、ラケット面が横向きになりますよね。
そこで手首をひねって、ラケット面を正面向きにします。
これをプロネーションと言います!


△テニス用品が激安なサイト△

テニス初心者にプロネーションは必要?

初心者だからプロネーションはまだ・・・という方も多いはず。

でも、プロネーションはあくまでコンチネンタルグリップとセット!
コンチネンタルでのサーブなら、必ず必要な技術です。

テニス サーブ『プロネーションできないときは?』コツは親指です

プロネーションやサーブのリストワーク。
つまり手首の使い方が上手になると、それだけでサーブのスピードも切れも格段にUPします。

だから、わざわざ難しいコンチネンタルグリップとプロネーションをするんですよね。

プロネーションのコツは、スイングしながら親指を外側に向けていくことですよ!

まずは素手で素振りをすると感覚がつかみやすいですね。
(打ち終わりでは、ラケット面が右(右利き)を向くはずです)
プロネーションのコツと練習法は動画で!!!

テニス初心者のサーブ最速上達法!
コンチネンタルグリップとプロネーションはセット! 別々で練習することはできません。
難しいですが、手だけの素振りで感覚をつかみましょう。

サーブもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ