サーブの打ち方

テニス サーブ 打ち方

ラケットの持ち方とサーブの打ち方でも簡単に触れましたが、サーブには最難関な技術があります。

それは、『プロネーション』。

特にコンチネンタルグリップでサーブを打つ場合に、必ず行わなければいけない動作です。
詳しくは下で解説いたしますが、これがまた難しい!

中級者でもできる方が少ない技術です。

なぜ難しいかと言うと、実は練習量の少なさの影響が非常に大きいのです。
つまり、テニス初心者の方でも、しっかり練習すればできるのです。

あっという間に上達するためにも、ここはチャレンジしてみましょう。

プロネーションで良いサーブに!

プロネーションができれば、どうなるか?

単純です。

サーブがパワーも切れも圧倒的に良くなります。
力の入れ方は全く同じでも、プロネーションだけで、かなりの素晴らしいサーブになります。

まさに、体重が乗っているボールとなるのです。

パワーのある、しかも切れのあるサーブを打つためには、ラケットヘッドのスイングスピードが上がっていなければいけません。

スイングのスピードを記録するには?YONEX スマートテニスセンサー

プロネーションとは、スイングスピードの最後のひと押し!
ほんの少しのことですが、これがものすごく意味のあることなのです。

では、具体的にどうするのか、解説しますね。

プロネーションの方法

プロネーションとは、回内運動や回旋運動と呼ばれます。
つまり、手首を使い、ひねりを入れるのです。

  • ラケットを振り上げてボールを打ちにいく
  • 打球の少し前で、右手の親指を外側に回し始める。
  • 打球時には、ラケット面が狙っている方向を向いているように。
  • 打球後には惰性でラケット面が外側を向いている状態となる

つまり、コンチネンタルグリップではラケット振り出し時には右手の手のひらが左方向を向いています。

そのまま振り出しながら、手のひらを正面向きにしていきます。
ちょうど打球時には手のひらが正面を向く感覚ですね。

そして、打球後には、勢いで手のひらが右方向を向いている状態でスイング終了です。

実際にラケットを使ってやる前に、手だけで練習すると感覚がつかめやすいしょう。

手のひらを耳に当てる感じで、しかも肘を少し上にあげておきます。
その状態から、上記のように手のひらを動かしながら、ラケットなしで素振りする感じです。

最初はゆっくりとやってみましょう。

練習の効率アップ!!ヨネックス(Yonex)スマートテニスセンサー トレーニング 上達グッズ


感想(3件)

テニス初心者のサーブ最速上達法!

最後の難関、プロネーションも、初心者の方でも練習すれば大丈夫です。
これで、どんどん上達してしまいましょう。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のサーブ上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のサーブ上達法について、こまかく解説していきます。
下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。

また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。
特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. サーブ上達法

    サーブは1番簡単?

  2. サーブの基本

    持ち方と打ち方の関係とは。

  3. 構え方と握り方

    持ち方と打ち方の関係2

  4. トスの上げ方

    トスを上げる場所が細かすぎる?

  1. 打ち方

    実際に打つときの最大の難関とは

  2. フラットサーブ

    フラットはスピードサーブではない!

  3. スライスサーブ

    スライスはそんなに曲がらなくても良い?

  4. スピンサーブ

    振り遅れたスライス?

サーブ上達法、目次へ