サーブのグリップとフォーム

テニス サーブ 持ち方

サーブの基本でグリップをフォームの基本関係をご説明しました。
このページでは、具体的な打ち方をご説明します。

説明の中で「右」とか「左」という表現をしますが、これは全て右利きの方の場合です。
左利きの方は逆になりますのでご注意くださいね。

構え(レディーポジション)

コンチネンタルの場合、狙っている方向に対して真横(右)を向いて立ちます。
そして、左足を狙っている方向へ半歩出します。

ウェスタンの場合は、狙っている方向に対して正面向きに立ちます。
足は、左足を狙っている方向へそのまま半歩出しておきます。

イースタングリップの場合、コンチネンタルとウェスタンのちょうど中間くらいの体の向きで立ち、足は同様に狙っている方向へ出します。

いずれにしても体重は後ろ足(右足)にできるだけ100%かけておきましょう。
自分に合ったテニスシューズの探し方はこちら

トスアップとテイクバック

握り方に関係なく、トスアップは左手を狙っている方向へまっすぐ伸ばして行います。
手首や肘を使わずにトスを上げると同時にテイクバック(バックスイング)をしましょう。

ウェスタンの場合は、ラケットを体の前からそのまま肩に担ぐ感じです。

コンチネンタルとイースタンは、ラケットヘッドが背中に付くくらいまで担ぎます。

この際、ラケットをどういう軌道で背中まで持っていくかについては、いろいろとコーチが違えば言うことが違うのですが、 やりやすいようにして頂ければ良いでしょう。

プロを見ても千差万別なので、正解はないようです。

サーブを打つ

テイクバックをしたら、できるだけ時間をおかず体重移動し打ちに行きます。

体重移動は、右足から左足に体重をスッと100%移動させます。
1歩実際に歩いても良いですね。

重要なのは、本当に100%移動させることです。

テイクバックしたところで少しラケットが止まって待っているようならば、トスを少し低くするか、タイミングをずらすかしてラケットがあまり 長時間止まらないようにしましょう。

長時間とは、特に規定はありませんが、3秒止まるとかなり長時間です。

サーブを打つときには、必ず守って頂きたいことがあります。

それは、狙っている方向に向かってまっすぐラケットを振ることです。

テニススクールでは振り終わったときにラケットが右わきに収まるように指導しますが、あくまでこれは、自然にそこに収まると言うだけであって、 右わきに納めなさいと言うことではないのです。

とにかく、狙っている方向に向かって、ラケットをまっすぐ振ってください。

リストワーク

リストワーク、つまり手首の動かし方です。

ウェスタンの場合、手首はそこまでたくさん使いません。
インパクト(打球の瞬間)にラケットを押すように手首を使ってください。

あまりやり過ぎると、ラケットの重みでケガをしてしまいますので要注意です。
テニスの腱鞘炎を防ぐ!手首サポーターはこちら

コンチネンタルとイースタンでは、プロネーションという動きが必要です。

正面に向かって横または斜め向きの持ち方なので、ラケットをまっすぐ振り出すと、インパクトではラケット面が正面を向かないのです。

その向きの調整のために手首を外側向きにひねるのがプロネーションです。
つまり、体は左へとひねり、手首は反対の右へとひねるのです。

このプロネーションは、非常に難しい技術となります。

流れで言うと、後ろから前への体重移動により、体がひねられ始め、それによりラケットが振り出される。

ラケットスピードは膝の曲げ伸ばしにより更に加速し、プロネーションにより最後のひと押しがされ打球する。
となります。

なんだか言葉にすると難しいですね。

テニス初心者のサーブ最速上達法!

とにかくラケットを狙っている方向にまっすぐ振り出すことです。
また、スピードやパワーのためには、まずはスムーズで100%の体重移動をマスターしましょう。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のサーブ上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のサーブ上達法について、こまかく解説していきます。
下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。

また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。
特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. サーブ上達法

    サーブは1番簡単?

  2. サーブの基本

    持ち方と打ち方の関係とは。

  3. 構え方と握り方

    持ち方と打ち方の関係2

  4. トスの上げ方

    トスを上げる場所が細かすぎる?

  1. 打ち方

    実際に打つときの最大の難関とは

  2. フラットサーブ

    フラットはスピードサーブではない!

  3. スライスサーブ

    スライスはそんなに曲がらなくても良い?

  4. スピンサーブ

    振り遅れたスライス?

サーブ上達法、目次へ