スライスサーブの打ち方

テニス スライスサーブ 打ち方

スライスサーブとは、右利きの方でボールに向かって右方向への回転を加え、ボールが左に曲がりながら飛んでいくサーブです。

また、滑るようにバウンドしますので、レシーバーにとって非常に打ちにくいサーブです。

スライスサーブは感覚をつかむまでは全く打つことができませんが、感覚さえつかんでしまえば初心者の方でも打つことができるサーブです。

スライスサーブには実は2種類あることをご存知でしょうか。

スライスサーブの種類

  • 空中で大きく曲がり、バウンドは普通
  • 空中ではあまり大きくは曲がらないが、バウンドで鋭く曲がり、また滑る

空中で大きく曲がる方は、見た目は『おお!』という感じですが、実はレシーバーにとってもコースが予測しやすく、バウンドも普通なので 意外にレシーブしやすいサーブです。

ただ、曲がりの角度は大きいので、相手をコート外に追い出すときには非常に有効となります。

逆にあまり曲がらない方は、サーバーから見たときには『スライスになってるの??』と言う感じですが、レシーバーからすると、バウンドで 突然曲がるし低く滑るようにバウンドするしということで、非常に打ちにくく、レシーブが非常に甘くなる可能性が高い サーブです。

いずれにしても、まずは回転の感覚、つまり打ち方の感覚をつかまないと何ともなりません。

スライスサーブの打ち方の感覚

スライスサーブは、要はボールに『横回転』を加えます。

正面にボールを見て、左から右向きの矢印をマジックで書くように想像してください。
その矢印の方向に回転を加えます。
どうしたらそのような回転を与えられるでしょう。

練習では回転ボールを使ってみると分かりやすいですね!

まずは想像してみてください。

矢印がボールの正面(自分の目の前)にある場合

ラケットの振り方は、自分の右方向へと振ることになります。
となると、トスも若干右へと上げなければムリですよね。

そのためにはトスは左手を狙っている方向へ伸ばして上げるのではなく、右へ伸ばして上げることになります。

問題は、狙ってい方向に対して横向きにラケットを振るので、打球のスピードは遅くなることです。

ショーワソフトテニスボール アカエム回転ボールS.S《公認規格球》 1セット(2個)

価格:972円
(2016/8/22 12:04時点)

矢印がボールの側面(自分のから見てボールの右側面)にある場合

側面に矢印があると言うことは、自分から見て相手方向へ矢印が向いていることになります。

ラケットはまっすぐに矢印方向へ振れば良いのですが、問題はラケットの当て方ですね。
ラケットのフレームが包丁の刃だとしたら、包丁でボールを切るように振ることになります。

となると、トスはフラットサーブと同じで良いのですが、ラケット面が横を向いているのでかすれあたりの可能性が高いです。

また、コントロールも非常に難しいものになるでしょう。

このどちらのやり方も、スライス回転をなんとなく掴むだけのためならば良いと思いますが、実際には使えません。

何度かやってみて、スライス回転の感覚を少しでもつかめたら、次の打ち方で練習してみてください。

矢印がボールの斜め右(自分のから見てボールの正面右)にある場合

これは上の2つの中間です。

ラケット面や、当て方、トスの位置など、あまり難しいことは考えずに、ボールのその矢印の位置を打つことだけに集中して、 とりあえず、打ってみてください。

ボールの正面少し右斜めの面に書かれた矢印にラケット面を当てることだけ。
しいて言うならば、ラケットの面の向きは少しだけ斜め右向きとなります。

それ以外は、なーんにも考えずに、やってみてください。

おそらく、ゆっくり打てば、ボールがスライス回転しているのが見えると思います。
回転ボールを使えば見やすいですね!

あとは、スイングスピードを上げるだけでスライスの完成です。

ここまで出来たら、あとは独学でもスライスは非常に良いものが打てるようになります。

『矢印を打つ』として簡単に解説しておきますと、この打ち方からもう少し右側面方向に矢印をずらせば回転量が多くなり、 大きく曲がるスライスになります。

また、もう少し自分の正面に矢印をずらせば打球のスピードが上がり、バウンドで曲がるスライスになります。

テニス初心者のサーブ最速上達法!

スライスサーブは、右方向へとボールを回転させます。
2種類のスライスがありますが、いずれにしても最も重要なのは、まず回転をかける感覚をつかむことです。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のサーブ上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のサーブ上達法について、こまかく解説していきます。
下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。

また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。
特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. サーブ上達法

    サーブは1番簡単?

  2. サーブの基本

    持ち方と打ち方の関係とは。

  3. 構え方と握り方

    持ち方と打ち方の関係2

  4. トスの上げ方

    トスを上げる場所が細かすぎる?

  1. 打ち方

    実際に打つときの最大の難関とは

  2. フラットサーブ

    フラットはスピードサーブではない!

  3. スライスサーブ

    スライスはそんなに曲がらなくても良い?

  4. スピンサーブ

    振り遅れたスライス?

サーブ上達法、目次へ