サーブのトスアップの方法

テニス トス 方法

サーブを打つときには、必ずトスを上げます。
このトスが変な場所に上がっている場合には、打つ前から失敗すると分かっているようなものです。

では、トスはどうやってどこにあげれば良いのでしょう。

トスを上げる位置

テニス トス イラスト

まず、トスを上げる場所ですが、左手を狙っている方向に伸ばし、目線の高さまで上げた手のひらの真上です。

トスの高さは、それぞれ気持ち良くラケットを振れる高さを探しましょう。
たぶん、目線まで上げた手のひらの1mくらい上で十分です。

あまり高く上げると、トスがどこへ行くか分かりませんし、風が吹いただけで大きくズレてしまいます。

しかし、非常に大切なことなのですが、トスの場所は、『だいたい』の場所で大丈夫です。

特に初心者の方に多いのですが、キッチリこの場所に上げないといけない!と考えていると、とてもとても難しいですよね。
トスアップのときの気持ちも余裕がなくなります。

だいたいこの辺りと狙いを決めて、大きくずれているとき以外はそのまま打ってしまいましょう。

不思議なことに、このような気持ちでトスアップしたときの方が、結構うまくトスを上げることができるものです。

自宅でトスアップができる「トスマスター」はこちら

安定するトスアップの方法

トスを上げる場所が分かったところで、安定するトスアップの方法です。
そもそも、安定とはあまりずれないということですよね。

ということは、ずれる可能性があるところを使わなければ良いということです。

ずれる可能性があるところ、それは関節です。
関節を曲げるからずれが大きくなるのです。

だから、トスアップのときには原則、肘と手首は固定します。

  • 腕を軽く伸ばしたまま、肘と手首を固定する。
  • ボールごと腕を下げ、ある程度下げたところで今度は上に上げる
  • 手が目の高さくらいになったところで、手のひらをパーにし、柔らかくボールを離す
  • そのとき、もちろん指も使わない

これが、安定したトスアップの方法です。
肘、手首、指など、関節は使いません。

しかし、サーブ、特にトスは練習しない方が非常に多い!
トスアップの練習、ちゃんとしていますか?

ということで、今後は、ある程度時間をさいて、練習してくださいね。

トスマスター【サーブ・トス練習器具】テニスグッズ サーブ練習

価格:2,160円
(2016/8/22 11:40時点)
感想(6件)

テニス初心者のサーブ最速上達法!

トスアップが安定するためには、関節を固定することです。 でも、それ以上にトスアップの練習をすることが重要ですね。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のサーブ上達法 目次

さて、それでは、テニス初心者のサーブ上達法について、こまかく解説していきます。
下記目次は、できれば左の1番から順番に見ていってください。

また、もちろん見るだけではなく、実践練習しないと上達はしません。
特にテニスを始めてすぐの方は、1項目ずつ練習して行ってくださいね。
あせりは禁物です。

  1. サーブ上達法

    サーブは1番簡単?

  2. サーブの基本

    持ち方と打ち方の関係とは。

  3. 構え方と握り方

    持ち方と打ち方の関係2

  4. トスの上げ方

    トスを上げる場所が細かすぎる?

  1. 打ち方

    実際に打つときの最大の難関とは

  2. フラットサーブ

    フラットはスピードサーブではない!

  3. スライスサーブ

    スライスはそんなに曲がらなくても良い?

  4. スピンサーブ

    振り遅れたスライス?

サーブ上達法、目次へ