スピンサーブのコツ!

スピンサーブって必要ある?…初心者には必要ないかも(笑)コツと打ち方

スピンサーブは縦回転ですね。
サーブが急に落ちて確率もUP!バウンドも大きい!
とても大きな武器にもなるサーブです。

ちなみに、初心者のうちにスピンサーブ必要か?と言われると… 実は、全然必要ではありません。
と言っても仕方ないので、打ち方をご説明しますね(笑)

スピンのかけ方は?

スピンサーブ、分かりやすく言うとスライスサーブの振り遅れバージョン”
ラケットの動きを想像するとイメージできます!

少々ややこしいですが、ゆっくりとイメージしながらぜひ読んでみてくださいね。

  • ラケットヘッドが背中に付くくらいテイクバック
  • 体重移動とともに振り出し、ラケットは上へと移動し始める
  • ラケットが頭の後ろ少し上を通過するときには、ラケットは横向き状態
  • そこからラケットヘッドが急激に上に向き始める
  • ラケットの動きの頂上あたりで、ラケットヘッドは真上向きとなる
  • ラケットヘッドから下がり始め、体の前あたりでラケットは下向きとなる

プロの試合でのサーブのスロー再生や、雑誌の連続写真を見ても良いかもしれませんね。

スピンサーブの打ち方、感覚をつかもう!

フラットスライスは、上記ラケットの動きの上から5番目で打球。
スピンはボールが縦回転(下から上方向)。4番目あたりで打球。
つまり、ラケットが上がりきっていない段階、ラケットが上向きに動いている途中で打つのです。

▼こんな練習もオススメ▼

初心者のスピンサーブ

スピンサーブは、回転とスピードが上がってくると“キック”するようになります。 しかし初心者の方は、これを無理にやろうとすると必ず怪我をします。

だから、とりあえずボールが落ちてミスが少なくなることを考えましょう。

初心者のスピンでは、テイクバックしたときに手のひらが上を向かないように注意!
そしてラケットが上がりながら打球できれば、これでスピン回転の完成です。

テニス初心者のサーブ最速上達法!
スピンサーブは、まず縦回転ならOKだと思ってください。
打球後のボールをじ~っと見て、回転を確認です。

それ以上のスピンは、腹筋と背筋を筋トレしてからです!

サーブもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ