アウトしてもいいの!!?テニスのストローク基本の打ち方&コツ

「アウトしてもいいんです」テニスのストローク基本の打ち方&コツ

テニスのストロークは、初心者の方が最も多く打つショット。 ストロークのでき次第で、テニスは本当に楽しくなります。

まずは「アウトしてもいいんだ!」「初心者だからいいじゃん!」という気持ちを持つこと。
そこから打ち方やコツをつかむと、上達がかなり早くなりますよ!

ストロークの基本って、どう教わりましたか?

テニススクールや、他ウェブサイトなどで教わる“ストロークの基本”というのは、以下のようなほとんどがフォームに関する基本だと思います。

キレイな正しいフォームで打とう

そのフォームでコートに入れよう

フットワークを身につけよう

動きながら打つ練習をしよう

動きながらコートに入れよう

こんな感じでしょうか。
もちろん、普通は ここまで覚えて、初めて少しずつストロークラリーが続くようになるものです。

でも、これって正直…ちょっと遠回りです。

ということで!!
当サイトでご紹介するストローク上達法は!?

自分のやりやすい打ち方で打つ

動いて打つ練習をする

動いて打ってコートに入れる

このように、キレイなフォームや動き方などはあまり考えずにいきましょう!

こうすれば、もともと自分の打ちやすいようなストロークが前提で覚えていけるので、上達が非常に速いのです。

まずは気持ち良く打って、最後にはコートに入れるようにするという順番で進めていきましょう!!

キレイなフォームのストロークも素晴らしいことですが、テニスの楽しさを少しでも早く感じて頂ければと思います。

テニス初心者のストローク上達法は、コートに入れないこと?

「アウトしてもいいんです」テニスのストローク基本の打ち方&コツ

テニス初心者の方のストローク、上達への近道は自分の最も気持ち良い打ち方を見つけることです。
コートの中に入らなくても全く問題ありません。

とにかく気持ちいい!が優先です。
ちなみに、気持ち良さを優先するのには、実はちゃんとした理由があります。

コートに入れようとすると、緊張してうまく振れない

すると手先で調節するストロークになる

一応そのときだけはコートに入るが、結局全然上達しない

という方が結構いるからです。

だから、ストロークはとにかく気持ち良さを優先してくださいね!

ネットにかかろうが、大きくアウトしようが関係ありません。
「テニス初心者なんだからいいじゃん!」くらいの強気でやってしまいましょう(笑)

また、お友達同士で今日はコートに入れない日!などとお話をして練習するのも良いですね。

テニス初心者のストローク最速上達法!
ストロークは、コートに入れるよりも気持ち良さが優先です。
とにかく、自分の気持ちいい打ち方を探しましょう。

ストロークもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ