ストローク スライスの打ち方、コツは?

ストローク スライスの打ち方『コツは速くスイングしないこと!!?』

プロや上級者なら スピードと回転量も兼ね備えた素晴らしいスライスを打てるでしょう。

でも!!
ここは初心者の方へ、スライスをスグ打てるようになる方法をお伝えしますね。

初心者でも滑るスライスを

スライスの最大の武器は、スーッと糸を引くような打球から、滑るようなバウンドです。
初心者の方向けのスライスと言っても、あくまでそんな滑るスライスを目標とします。

ストローク スライスの打ち方『コツは速くスイングしないこと!!?』

さて、滑るスライスを打つためには…
良く言われる“ボールを切るように”は打ちません。

ボールを切るように打ってしまうと、スライス回転はかかりますが、フラフラと落ちて、キュッと球速が遅くなってしまいます。
すると、相手のチャンスボールとなる結果に…

初心者さんにオススメなスライスの打ち方は?

打ち方のコツは3つ!

  • コンチネンタルグリップで肩口にラケットをセットする
  • ボールに向かってラケットを直線的に移動、まともに当ててしまう
  • 面の向きはそのままでラケットを狙っている方向に押し流す

※コンチネンタルグリップは、包丁握り。

最も重要なのは、この動画のように肩の高さにラケットをセットすること。

\チャンネル登録ありがとうございます/

肩の高さからまっすぐボールに向かって振ればOK!!
打球の瞬間のラケットの向きは、上向きではなくまっすぐ向きです。

意外に大切なのは、そんなに強く早くスイングしなくてもいいってこと。
それよりも、スライスはボールへの当て方が大切だと思ってください。

テニス初心者のストロークスライス、即マスター法

テニス初心者のストローク最速上達法!
スライスは、ボールを切るよりも上から直線的にボールに当てる感覚です。

だまされたと思ってやってみてくださいね!

ストロークもくじ!初心者打ち方のコツ

テニス相談室

ページの先頭へ