ストローク スライスの打ち方

テニス ストローク スライスボール 打ち方

スライスの打球の特徴をまずはまとめます。

  • 逆回転(打った人から見て上から下への回転)で打球が落ちない
  • 滞空時間が長い打球で、体勢を立て直すなど時間がほしいときに非常に有効
  • バウンドで低く弾み、相手が低い打点で打つことになり打ち上げやすい
  • バウンドで球速が落ちにくく、相手が差し込まれやすい

なかなか難しいショットですが、打てるようになると非常に便利なショットです。

また、攻撃的なスライスと守備的なスライスがあり、使い分けれるようになると試合での勝率が格段に上がります。

打ち方としては、

  • 上から下方向に振る
  • 打点は若干後ろ気味
  • 下に切るよりも前に押す感覚
  • 若干ゆっくりと打つ

では、打ち方をもう少し詳しく見てみましょう。

スライスは回転よりもスピード重視

スライスの最大の武器は、スーッと糸を引くような打球から、滑るようなバウンドです。

これを実現するためにはある程度の球速が必要です。
だから、良く言われる、ボールを切るようなイメージで打ってはいけません。

この打ち方は、スライス回転はかかりますが、かすれあたりが多く、また打球にスピードはほとんどありません。

するとどうなるかと言うと、フラフラと相手コートに落ちて、キュッと球速が遅くなります。
相手に『どうぞ打ってください』と言わんばかりのボールとなるのです。

スライス回転練習なら アカエム回転ボールS.S《公認規格球》 1セット(2個)

価格:972円
(2016/8/22 13:40時点)

実用できるスライスの打ち方

使えるスライスはこうして打ちましょう。

  • コンチネンタルグリップで肩口にラケットをテイクバック
  • ボールに向かって、ラケットを直線的に移動させる
  • そのまま面の向きを固定したままでラケットを狙っている方向に押し出す

肩口からなので、若干ダウンスイング(下向きのスイング)となります。
また、ボールに当たるときには、ラケットは上向きではなくまっすぐ向けるようにしてください。

意外に大切なのは、スイングは比較的ゆっくりです。
ゆっくりと大きくスイングです。

これが前述した守備的なスライスです。
攻撃的なスライスは、スイングスピードは少し早目で、インパクトでラケットを止める感覚です。

頑張ってチャレンジしてみてくださいね。

テニス初心者のストローク最速上達法!

スライスは、ボールを切るよりも上から直線的にボールに当てる感覚です。


top-img

< Let's share! >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


top-img

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス初心者のストローク上達法 目次

ストロークは、実は、非常に簡単に打てるようになります。

しかし、基本ができていないと、ものすごく練習して初めて少し打てるようになるくらい、上達が遅くなります。

とにかく、下記左メニューを何度も読み返してみてくださいね。

  1. ストローク上達法の新常識

    コートに入らないように打つ?

  2. ストロークの基本

    それは、好きに打つこと・・・

  3. ストロークは上に打て

    上ってアウトしてしまう・・・

  4. 上に打ったら、次は遠くに打て

    気持ち良く打ってしまいましょう。

  5. 遠くに打ったら、適当に打て

    やる気がなさそうに適当に。

  1. スピン回転

    大切なのは気持ち良さ!

  2. スライス回転

    少しだけゆっくりと・・・

  3. コントロール

    あれこれ気を付けるなんてムリ

  4. スピードボールの打ち方

    えっ!力を入れてないのに!!

ストローク上達法、目次へ